Tina Jameの魅力

2022年2月15日にTina Jameさんのドキュメンタリー映像を収録しました。彼女の生い立ちやダンサーになるまでの経緯について映像を交えながら語ってもらったんです。

今回の作品が今までと違う点は、私自身が撮影と編集にチャレンジしたこと。これまでは脚本と監督的な立場でしたが、自分で撮影と編集を経験すれば撮影チームへのオーダーがより簡潔に伝えられると考えたから。

実際に手掛けるとやはり想像した通りで、大きな達成感を感じました。自分が思った通りのアングル、思った通りのイメージ、思った通りに被写体へのアプローチが引き出せる。

あらためて紹介すると、撮影に協力してくれたのは、これまでも付き合いの深いTina Jame(ティナジャメ)さん。今までにもいくつかの撮影現場を共にしてきました。彼女のルックスが素晴らしいことは無論、仕事への取組みも一流。私のイメージと彼女のパフォーマンスはこの撮影を通じて相性抜群と感じる瞬間が何度もありました。

また撮影側が努力するべき点として、技術的なことを除いて「信頼関係の構築」が非常に大切だということも勉強になりました。撮影側は常に謙虚であるべきで、それによって本人の奥深い魅力が引き出すことへつながる。特にドキュメンタリーのような現場では、撮影する側とされる側の信頼関係が無いと心を開いてもらえる度合いも変わってきます。

↑こちらが編集を終えた作品。「Story of the Dancers」と称して、今後はシリーズ化を図ろうと思います。

最後に、Tinaの魅力をお伝えするのは、やはり動画よりも実際に生のライブパフォーマンスをご覧いただいた方がファンになってもらえるハズ。彼女のライブを近距離で見ることができるイベントが3月30日(水)に東京タワー2階のパキスタン料理店「シディーク東京」にて行われます。

イラン人としての血を引く彼女の生パフォーマンスを身近で体験することで、中東音楽のフィーリングがあなたの心にノックをするはず。私が味わった感動をひとりでも多くの方に味わって欲しい。彼女のドキュメンタリー映像内で語られているインタビューの内容に触れることのができる素晴らしい機会となります。


ベリーダンスイベント 二千と一夜物語402話「誘惑の蜜林」
Siddique Palace Tokyo Tower
東京都港区芝公園4丁目2−8 東京タワー2F
2022年3月30日(水)
Open 1800
Show 1930
Fee ¥5000 (Buffet and One Soft Drink Included)
For more Info. https://liveonline.tokyo/news/arabiannights402

私もDJで参戦、最新のアラブミュージックをお届けします。私自身もTinaのイチ大ファンとして、彼女とのコラボレーションが待ち遠しい。チケットが残り少なくなっておりますので、お手配はお早めに!

それでは3月30日は是非Tinaを見に来てください。東京タワーで会いましょう!

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP